人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Guide Spacing

ガイドのセッティングに特別キマリはありません。
長さ+1〜2個ってのがオーソドックスって言われています。
一般的にトップから徐々に幅は広がって行くのですが、ブランクによっては急に狭めてあったりします。
オールドのスコットなんかはその典型的なGuide Spacingですね。
ティップの真ん中でペコんとベンドして、ジョイントの少し下でまたペコん!^^
ガイドをつけた後ベンドさせ、ラインとブランクの隙間で出しているんだと思われます。
なのでガイド間は幅もマチマチ(笑)
ハリーウイルソンさんは手刀に水つけて、前に水滴を飛ばす様に振ってくれ!と特徴的なベンディングカーブをデザインしました。
d0106413_21151548.jpg
d0106413_21174043.jpg
上の画像は再度セッティングし直したもの。トップガイド含めて10個

下の画像は昨日納得したセッティング。

ホールした時と、バン!とロッドをストップした時にティップが動きすぎたので減らしたのですが、そのしわ寄せがストリッピングガイドまできていました。
要は先を軽くして数を増やしてもブランクの戻りを早くする。
普通に考えたら、ブランクカサ増しすると思いますが、それではベンディングカーブがまた変わってしまいます。


d0106413_21152578.jpg
ではどうするのが一番か、、、先から5個のスネークガイドをライトワイヤーにしました。
ビジュアル的にスタンダードワイヤのスネークガイドで行きたかったのですが、、、、、、
でも、これだけでかなりバイブレーションが抑えられ、数を1個増やすことに抵抗がなくなった。
キャスト時、シュート時のラインの暴れも減少。
ストリッピングを下げたのでバットのパワーも引き出しやすくなりました。

ジョイント部のつっぱりも、接着側のペグを1cmカット。さらに片方斜めにカット。
突き出しを5ミリ短くすることに決定。
ジョイント部のベンディングカーブもスムーズになりました。

工場休みでGW開けになりますがとことん煮詰めておくことにしよう!^^

うちは自分の性格上、よそみたいに開発に一年とけ掛けられない。
HI-Loopはなんども作り変えたけど、結局は迷って最初のデザインで出したんだよね。(笑)


by kuramochi_bamboo | 2019-04-27 21:54 | Comments(2)

あれから40年!! 俺に短い竿見せるな!^^:

フライフィッシングとの出会いは、ミニモトクロスでした?

ある事情で免許が20まで取得できませんでした。
その反動でライセンスが無くても出場出来るミニモトクロスに出会いました。
色々世話してくれた方が、もと映画などのスタントシーンを任されるスタントマン上がりの人でした。
初代全日本トライアルのノービスだかジュニアだかのチャンピオンでした。
その方がフライって言う釣りをしているのは知っていましたが、なんせ私は免許が有りません。
ある日、その方が「安曇川に行くけどマサミも来いや!」っと誘ってくれました。
なんか知らんけどグラスのテンカラ竿持たされて、田植えに履く太ももまでのゴム長(もちろん先割れ)はかされました。
その人はブラジャーかと思うほどチョンチョクリンのチョッキにえらい短い竹の六角竿でした。あとでオービスのヤマメSPと判明
すこし投げ方教えてもろてやってみたが、そりゃもうSMごっこみたいでした(笑)
仕方ないのでその人のストーカーしていると、水に浮かんだ毛針に「バシャ!」っと蛇みたくアマゴが食らいつきました。
短い竿がギュンギュンしなって、寄せてきたのは朱点が美しいアマゴでした。

それで現在に至る。       ちょっと端折りました!(笑)

d0106413_22242083.jpg
s54年と57年のお宝本。奇跡的に水害から免れたこの本、フライフィッシングの情報は、この2冊からが全てでした。 
ブライトリバーさんのブログにも出ていたのを見て笑えました(笑)

d0106413_22230856.jpg

ショートロッドへの憧れ!  いつかはレオナルド! そして平田ロッド。  この記事が全てです。
この後、師匠から気楽さんのグラス6f9inと別な友人からシェークスピアのフライセットもらいました。
初めて平田さん見たときは感動しました! その後なんども見かけましたが声かけたことはありません。 今でもアイドルです(笑)

その後は、職場の知り合いにフォーミラーカーレーサーがいて(F1ドライバーの中野信治の父親)カートにのめり込み19歳〜2年程釣りから離れましたが、、、、
カートレースやれば釣りが恋しく、釣りやればレースが、、、、以後、何事中途半端に(笑)

欲しいものは買えなきゃ奪うか取るか貰うか拾うしかない。
なら自分で作れば良い!ってなるのには時間かかりませんでした。^^:
なので欲しくなったら歯止めが効きません。  多分、精神科にかかったら病名つくと思われます。

俺をこんな風にした「伊吹さん、責任とってください!」笑笑笑

ってことでグラスロッド始めます!(冷やし中華じゃないよ)笑   続く  (どこに?^^)

by kuramochi_bamboo | 2019-04-26 23:07 | 思い付き | Comments(0)

今頃何故にグラス?

スティーブレイジェフに憧れて私サゲラーでした(サゲ=SAGE)業界ではこう呼びます。^^
d0106413_17351953.jpg
今年になり、友人からの依頼でグラスロッドを10本くらい仕上げました。

最新のUDプリプレグからアンティークEグラス オールドポリグラスetc

本当はマルチピースのグラファイトロッドをラインナップしたかったのですが、やはりグラスの感じは琴線くすぐるのですね(笑)

セージやスコットなんか、こんなに前からようここまでやるわ!って事してます。

SAGEのジョイントの補強。 スコットのペグ2重重ねた斜め補強等、、、、、

d0106413_17341268.jpg
スコットのペグ内部、初公開!^^

ブランク直径の3、5倍の長さが有れば良いらしいですが、ペグの長さが違いだけでアクションも変わります。

このころのスコットのペグは同じ長さだったんですね。

2psはインナーブランクでアクション調整していましたが、、、、

d0106413_17413938.jpg

d0106413_17413555.jpg
  
d0106413_17413555.jpg
これはオリジナルの(Synapse54)nのマンドレルです。極細すぎて何度か回すと曲がってダメになります。(涙)

これがマンドレルと呼ぶロッドテーパーを決定する心臓部です。

アクションはテーパー(太さ段落ち)プリプレグ(マテリアルの種類)ジョイント形状などで方向が変わってきます。

各メーカーこんなアクションのロッドが製作したいってのを具現化するのに知恵を絞るのです。

次回はうちのコンセプトを公開します。 

遠くまで毛針を届けて20inのレインボーも取れて、20センチのヤマメとも遊べるイカしたロッドです。(笑)

by kuramochi_bamboo | 2019-04-25 17:57 | グラスロッド | Comments(2)