2018年 05月 02日 ( 1 )

竹竿

クラモチロッドはついに材料が底をつき、乾燥していない青竹を使いやがった!

さにあらず。^^  

究極のアーチスティックロッドなのです。

d0106413_11302730.jpg
通常のバンブーを製作後、青竹色に染めるのです。

カーボンティップのほうも同じ。まずは、、、、

d0106413_11311843.jpg
d0106413_11304352.jpg
まずブランクを通常どうりのバンブーカラーに塗ります。(ここはブラウン調です)

それからクリアーグリーンで青竹色に染め上げるのです。

さらに、、、、、

d0106413_11371281.jpg
仕上げのコーティングを数度かせねます!!一体何回コーティングするのでしょうか(笑)

これで青竹色の新生バンブーロッドの出来上がりです!

モノほんのバンブーをウルシ等で朱色や黒に仕上げてあるのは見た事有りますが、さすがに青竹色は世界初かも!^^

賛否両論あるでしょうがユーザーの感性に響くロッド製作と申しましょうか?技術あっての作品作りなのです。
d0106413_11305746.jpg
同時に製作させて頂いたコンボロッドです。実用性を兼ね備えた使って嬉しくなる様なロッドがコンセプトです!

今回はアルミケースも同時に注文いただきました。

あっ、もちろん後から買う事も可能ですよ。宣伝か?(笑)

d0106413_11312979.jpg
d0106413_11315488.jpg
コンボロッドもバンブーロッドも全く製作方法は変わりません。

バスという強い魚に敢えて天然素材で勝負を挑む戦士はまだまだ居るのです。^^

引っ張りっこして曲がったり最悪折れたりなど、もしもの場合のメンテナンスや修繕もお任せ下さい。

ブログご覧の皆さんも、超優雅な一日の為のロッドに一本如何ですか?

注文したお待ちしております!^^


おれのゴールデンウイークは、、、、、(涙)

[PR]
by kuramochi_bamboo | 2018-05-02 12:05 | bamboo | Comments(0)