人気ブログランキング |

グラスロッドネーム gravity

重力ってどうかと思うかもしれないので、説明させていただきますと、、、、

フライ投射するにも速いラインスピード求める人や、逆にスローなループでふわっとキャストする人もいますね。

どちらも空気抵抗や重力に逆らって、、、なんてことは考えてないでしょうが、これを支配できれば真のマスターになれるのではと常々思っておりました。

乱れのない真っ直ぐなループを作ってから、字を書くようにラインの形を自由自在に変える!

っと言うわけで「gravity」と命名^^

ロッドディテールも決めました。

Hi-loop Eighty-0同様  U/L スライドリング ストレートスティックグリップあとは画像参照で。

オプションですが勿論カスタムでのオーダーも受け付けます。 グリップ Rシートスタイルやブランクカラーetc

d0106413_12495361.jpg
                      専用のクロスバックには弊社ネーム刺繍が施されています。 標準装備品
d0106413_12495568.jpg
d0106413_12495735.jpg
d0106413_12500801.jpg


ジョイントの長さ素材、形状共、独自なアイデアを盛り込みました。 各セクションごとに最適な長さを割り出しています。
細い所は当然細く短く、太いバット部は必要な接触面出すために長く。
カーボン無垢のペグはアクションの補助に貢献大ですし、美しいベンディングカーブに最大限の貢献果たしています。
このベンディングカーブにも拘りました。破断テストはしませんがジョイント(特にティップ)に弱点は一切ありません!
仕舞寸法を合わせて、繋いだ時に目的の長さになるようにしただけでは無いのです。


肝心のアクション及びテーパーデザイン
ティップから3番セクションまでテーパはきつく1.6〜8.2ミリ  トップから2番は強テーパー  2番3番はスローに太くしています。
最後のバットセクションは8.3〜9.3ミリとほとんどストレートに。
しかしブランクの厚みに工夫がして有ります。
テーパーはジョイント部の方が1ミリ細く出来ていますが、肉厚はグリップ部に近い方が薄くなっています。
これでキャスト時はグリップ直上部をたやすく曲げ込めますが、ファイト時は何事も無く先から徐々に曲がり込んできます。
逆テーパーってのも考えましたが、極端にやると入りと出しの入力が僕には納得できなかったのです。
素材にはE-GPというプリプレグで、今流行りのユニデレクショナル(UD-glass)では有りません。
Sグラスでは軽くシャープなロッドには成りますが、僕の理想的なブランクのスピードは少しだるいEグラスなのです。
曲がって戻る力とスピードの調和(ハーモニィー?)がうまく整ったロッドです。
軽くて曲げ込める超極細のカーボンロッドもリリース予定です。(温め過ぎですネ!)笑

gravityスペック
227cm 7f5in #3/4line 2,3oz(65gm)程度 E-GP グレー着色エポキシー アンサンドフィニッシュ 4pcブランク クロスバック付き
予定価格 65000円 注文受付近日中  少し高くなって御免なさい! マンドレル、ブランク等、纏めて製作出来る財力が有りません。^^:

注文方法 
メールまたは電話で予約後にこちらの口座をお知らせ致します。 デポジット20000円をお振込、入金頂きます。これにて製作の順番が決まります。
納品予定はブランク上がり次第、早ければ6月中旬〜下旬 
あまり多いとパンクしますが、そんな心配はないと思われます。 くれぐれもフライングだけはしないようにお願い致します。
アナウンス待ってからご注文お願い致します。^^

って事で押し気味のbambooとキャスティングロッドやっつけます。 
とか言って、、、、川原で見かけてもそっとほっておいて下さいませ。それもお仕事なので、、、、^^:





by kuramochi_bamboo | 2019-05-11 23:11 | Comments(0)
<< ジョイントの話 ストックロッド即納可能 >>