新しいのか古いのか?エグゼグティブな奴ですな!^^

長年の懸案だったバンブー製のバットを持ったロッドをようやくリリースしました。

こんなの見たことない!って方も居られると思いますが昔はあったそうです!

かの有名なリッツカールトンホテルの御曹司、シャルルリッツさんと言う人は気印つきのフライフィッシャーでした。

その人は家業そっちのけでペゾンミッチェルと言う竿屋サンの顧問をしておりまして、かれこれ4〜50年前にコンボロッドを制作していました。

バンブーバットにグラスチップや又はその逆! 様々な試行錯誤で競技用の竿なども作っていたようです。

d0106413_10234706.jpg
バンブーのバットにグラスやカーボンのティップをその都度制作するのは不可能では無いが、、、、、

ウチの場合は、ネオクラッシックやシナプスに合わせてバンブーバットを設計制作します。

既存の信頼おけるテーパーを持ったブランクなので多少のレングスも調整できます。

d0106413_10240981.jpg
d0106413_10235472.jpg
問題は価格の設定。 

当社はロッドをリリースする時、まず一番に考えるのは自分がほしい物、使いたい物です。

次はその買ったものを壊しても又、同じロッドが欲しいと思える価格にする事。

これは安いに越した事は有りませんが、必ずしもそう言う事では無いと思っています。

d0106413_10242782.jpg
クロスバックに刺繍が無いとかコストダウンはしていますが、コンビネーションロッドもバンブーロッドも全く同じ製法で制作しております。

ただバンブーロッドに馴染んでもらう為のロッドとは思っていません。

ガチで使って頂きたいロッドなのです。

ただし飽くまでもバットは天然素材。 ティップはシンセティックで曲がりませんが、悲しいかなバットは癖が出ます。

シーズン中使い倒して、この季節にメンテナンスに出して頂ければ処置します。

人工呼吸器しても助けられない事もあるかもしれません。

曲がったな?っと思ったらシーズン中でも相談する!  

ロッドを買った瞬間からあなたとビルダーのお付き合いが初まります。

まっ、これは他のメーカーさんにも言える事ですね。^^

手前のシースルー巻きのロッドはヘッドハンターズ様に納品済です。

ご購入のお問い合わせご相談はクラモチロッド取扱店様へ。  宜しくお願い致します。

[PR]
by kuramochi_bamboo | 2018-01-26 11:05 | bamboo | Comments(0)
<< 納品してきました。 初荷を配達に行きました! >>